香水の分類

■香水の分類

ひとつの香水に、香料が含まれている種類は平均して50〜200種類と言われています。
更に、香料は何百という香りを構成する成分から成り立っています。
何種類もの成分が複雑に組み合われ、香りが出来上がります。
香水はたくさんありますが、似た香りはないと言えるでしょう。
天然の香料は希少性な為に高価な物とされています。

■香料の分類

香料には、科学的に合成された単品香料と自然の動植物からとれる天然香料に分かれます。


■天然香料の分類

植物性香料は花、果実、樹皮、葉、根などを原料にしています。

果皮

ベルガモット
ベルガモ地方原産の柑橘。柑橘系のなかでは甘みがあり、刺激も強い。

マンダリン
中国で主にとれるオレンジ。
柑橘系で独特の甘みがある。

タンジェリン

レモン
酸味が強い。フレッシュな香り。

グレープフルーツ
レモンよりは甘みがある。
フレッシュな香り。

果実

アニス
しそ科の植物。香辛料。

コリアンダー
セリ科の植物。スパイシーで甘い香り。
種子や果実を使用。

レッドペッパー
唐辛子で刺激が強い。
スパイシーな香り。

バニラ
香水で使われるのは実から取ったエッセンス。
アメリカ熱帯地方産のらん科のつる性植物。



ローズ
甘みがあり、深い香りがある。
バラは昔から香水の代表的な香りとして使われている。
ローズにも色々な種類がある。
フレッシュローズ、スイートローズ、チュベローズ等。

ジャスミン
甘く、透明感がある。

ラベンダー
爽やかで、ほんのりと甘みのある香り。シソ科に属するラベンダー。
フレッシュなイメージの香りに多いのが特徴。
香水では、フゼア系の香りの重要な要素になっている。
薄い紫色。

ネロリ
柑橘系のような爽やかな印象。
ミカン科の花からとれる香料。フローラル系。

リンデン
ソフトで甘みがありスパイシーな香り。
菩提樹科の植物。


他多数


動物性香料:は動物の生殖腺分泌物等から作られます。

アンバーグリスとは龍涎香、マッコウクジラの腸内結石、
カストリウムとは海狸香、ビーバー、
ムスクとは麝香、ジャコウジカ、シベットとは霊猫香、
ジャコウネコ、ジャコウネズミ

の五種が知られています。

現在、シベットのみ、エチオピア産の天然香料が使われることがあるそうです。
それ以外は、ほぼ合成へ移行していると言われています。


合成香料の分類 アルデヒド等

合成香料とは自然界の香りの成分を分析したものを言います。
天然には無いものを合成したり、化合物を原料から化学的に合成します

単離香料 メントール等


単離香料とは天然の香料から成分を部分的に分離させる方法を言います。


香水を作る3つのものは
香料油、アルコール、蒸留水です。

現地価格での提供、「品質・価格」に自信ありシルバー 925 ペンダントトップ 香水 パフュームケース 【送料無料】 '
◎シルバー925の製品です。◎925の刻印があります◎商品は新品です◎撮影により実物と写真のカラーが多少異なる場合がありますが御了承願います◎チェーンは含まれません他の商品を合わせ何点御購入いただいても送料は1点分でお送りできます。他の商品はこちらでどうぞ1週間までお取り置きいたしますシルバーアクセサリー専門ハピネス大きさ大きさ:約30×30ミリ厚み:約12ミリチェン通し寸法:径約6ミリ重さ:約10.6グラム専門店のお墨付き商品を「現地からの直接購入」と「個人経営」だから提供できる低価格です。安定感のあるデザインに上下に施されたウエーブ模様が優雅なパヒューム(香水)ケースですトップとしても存在感があります日々のオシャレにいかがですか!
詳しくはこちら

| 香水
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。